俺の夜行バス

夜行バスの料金比較なら、俺に任せとけ。

  •  
  • 18,000
  •  

俺の JR大阪駅御堂筋口周辺

大阪府大阪市北区

iphone、ipadで大きい地図を見る
その他スマートフォンで大きい地図を見る

大阪のバス停一覧

大阪発の路線一覧

区間 01月 02月
大阪〜宮城 3,570円 4,420円
大阪〜福島 3,570円 4,420円
大阪〜茨城 7,600円 7,600円
大阪〜栃木 8,200円 8,200円
大阪〜群馬 6,100円 6,100円
大阪〜埼玉 1,600円 2,700円
大阪〜千葉 1,600円 2,800円
大阪〜東京 1,400円 2,500円
大阪〜神奈川 1,600円 2,600円
大阪〜新潟 6,000円 6,100円
大阪〜富山 3,600円 3,600円
大阪〜石川 2,000円 3,000円
大阪〜福井 1,650円 1,650円
大阪〜山梨 4,200円 4,200円
大阪〜長野 3,400円 3,700円
大阪〜岐阜 2,800円 2,800円
大阪〜静岡 2,400円 2,800円
大阪〜愛知 1,440円 1,440円
大阪〜三重 1,550円 1,550円
大阪〜滋賀 1,500円 1,500円
大阪〜京都 1,000円 1,000円
大阪〜大阪 1,500円 1,730円
大阪〜兵庫 1,000円 1,000円
大阪〜和歌山 2,680円 2,680円
大阪〜鳥取 2,500円 2,500円
大阪〜島根 4,600円 4,600円
大阪〜岡山 1,890円 1,890円
大阪〜広島 1,890円 1,890円
大阪〜徳島 2,350円 2,350円
大阪〜香川 1,890円 2,500円
大阪〜愛媛 3,100円 3,100円
大阪〜高知 2,000円 2,000円
大阪〜福岡 4,300円 4,000円
大阪〜佐賀 6,000円 6,000円
大阪〜長崎 6,000円
大阪〜熊本 3,500円
その他の路線はこちら

大阪の観光情報

  • 来迎寺本堂
    来迎寺本堂
    来迎寺本堂は、鎌倉時代の建築様式を持つ小堂で、昭和24年(1949)、国指定の重要文化財になりました。寺の創建・沿革などは不明ですが、瓦の端部を細くし、1枚ずつずらすように葺き上げる行基葺が特徴です。
    大阪府泉南郡熊取町
  • 大森神社
    大森神社
    中世、雨山神社・野田神社とともに熊取荘の三社として信仰を集めた大森神社。一時期廃絶しましたが、天正10年(1582年)に根来盛重によって再建されました。祭神は菅原道真、事代主命。
    大阪府泉南郡熊取町
  • 金剛山葛木神社
    665年(天智天皇4年)(今から約1300年前)、役行者(えんのぎょうじゃ)は16才のときに金剛山にて霊気を感じ、長い修行の後、金剛山頂に金剛山転法輪寺を建立した。その際、自身の祖神である一言主大神(ひとことぬしのおおかみ)を祀る葛木神社を鎮守としてあわせ祀り、金剛山を神仏混淆の霊峰としたのが始まりとされている。
    大阪府南河内郡千早赤阪村大字千早1009-2
  • 建水分神社
    近鉄河内長野線、富田林駅からバスで約20分。霊峰金剛山の総鎮守で、古来より付近18村の産土神であり、楠木氏の氏神でもある建水分神社(たけみくまりじんじゃ)。「水分神社」(すいぶんじんじゃ)とも呼ばれ、もともとは、崇神天皇5年(西暦前92)、金剛葛城の山麓に水神として奉祀されたのが始まりとされ、建武元年(1334)、後醍醐天皇の命により、楠木正成が社殿を現在地に移し、本殿、拝殿、鐘楼等を再営したと伝えられる。中世時代には、信長の河内国攻略によって境内が焼失、一時衰退したが、秀吉の寄進を受け復興し、現在に至っている。本殿は、桧皮葺きの三殿が渡り廊下で連結する、全国唯一の様式で国の重要文化財(一般参拝は拝殿まで)。摂社の「南木神社」(なぎじんじゃ)は、正成を奉祭する日本最古の神社で、現在の社殿は、昭和15年(1940)に建て替えられたもの。「南木」とは「楠」を2つに分けたとも、後醍醐天皇の御夢によるものともいわれる。
    大阪府南河内郡千早赤阪村水分357
  • 国史跡 土丸・雨山城跡
    青池から見た雨山
    南朝軍と北朝軍が争奪戦を繰り広げた要城として有名な雨山城。 紀州と泉州を結ぶため戦略上重要であったこの城は、今では南北朝時代の争乱の面影もなく、静かにその跡には雨山神社が残っています。「土丸・雨山城跡」は、橋本正高(はしもとまさたか)などの武将が、日根荘をはじめとする周囲一円を統治するため、紀州と和泉を結ぶ粉河街道の要衝に位置する本町の「雨山」と泉佐野市の「城の山(じょうのやま)」の二つの峰を結ぶ広い範囲に築いた城で、南北朝時代から戦国時代にかけての城郭の遺構と、瓦や土器などの遺物が、現在も良好な状態で残されていることが評価され、平成25年10月17日付官報で国史跡の指定を受けました。
    大阪府泉南郡熊取町
  • 重要文化財中家住宅
    重要文化財中家住宅
    泉南地域の由緒ある旧家である中家には、平安時代、後白河法皇が熊野行幸の際に立ち寄ったとされています。唐門は、御車寄せの御門を建ててお迎えしたことに由来して建てられました。江戸時代初期に建てられたと考えられている住宅のうち、現存するのは主屋・表門、唐門のみですが、大きな客室や長屋門などがあったのが古図からうかがえます。昭和39年(1964)には、国の重要文化財に指定されました。現在、一般公開されており、かつての隆盛をしのぶことができます。
    大阪府泉南郡熊取町五門西1丁目11番18号
  • 熊取交流センター煉瓦館
    熊取交流センター煉瓦館
    煉瓦館は、もともとは綿布工場として昭和3年頃に建てられたものです。近代化産業遺産として貴重なこの建物は煉瓦壁を当時そのままに残し、のこぎり屋根を再現するなど工場の雰囲気を残しながら、平成17年に煉瓦館として新しく生まれ変わりました。元々の綿布工場としては、明治後期に現在の公園部分に旧工場(紺屋工場)が設立され、その後昭和初期に川を挟んで現在残っている新工場(五門工場)が増設されたもので、敷地面積約20
    大阪府泉南郡熊取町五門西1丁目10番1号
  • 奥山雨山自然公園
    奥山雨山自然公園と桜
    奥山雨山自然公園は、熊取町の誇る森林公園で、昭和59年(1984年)7月に完成しました。その美しさは「大阪みどりの百選」にも選ばれているほどで、特に永楽ダム周辺は桜の名所として年間10万人の人出で賑わっています。約130ヘクタールもの広大な敷地には、アカマツなど天然林が豊かに繁り、「つつじの広場コース」「もみじの広場コース」「展望台コース」「東ハイキングコース」「西ハイキングコース」の5つのハイキングコースは、それぞれ特色があり気軽に自然と触れ合えるコースとして親しまれています。また、自然公園にある2箇所の展望台からは、和泉葛城山系や関西国際空港などの雄大な眺望が楽しめます。
    大阪府泉南郡熊取町久保2921
  • 永楽ダム
    展望台から見た永楽ダム
    永楽ダムは、昭和40年(1965年)に着工し、昭和43年(1968年)に完成しました。このダムは見出川の上流に灌漑用水・上水道水を確保するために築かれ、熊取町の重要な用水源となっています。また、大阪みどりの百選、水源の森百選などに選定されるなど緑豊かな自然と桜の名所となっています。
    大阪府泉南郡熊取町高田4丁目
  • 千早城跡
    鎌倉勢との戦いで下・上赤坂城が相次いで落城したのち、元弘3年(1333)、楠木正成が金剛山の険しい山腹(標高666m)のところに築城し、わずかな兵力で100日間龍城、鎌倉勢を釘付けにしたことが『太平記』などで伝えられている山城の跡。その間に、源義家(八幡太郎義家)を祖先とする河内源氏の一門・新田義貞らが鎌倉へ攻め込み、鎌倉幕府は滅亡。以降、千早城は元中9年(1392)、北朝方の畠山基国によって落城するまで、楠木家の根拠地として約60年間、使われていた。現在、千早城本丸のあった跡地(国の史跡)には千早神社があり、正成・正行(まさつら)親子を祀っている。二の丸跡、三の丸跡なども付近にあり、さらにここから登山道を少し登ったところには「千早城跡五輪塔」が。地元では「首塚さん」と呼ばれ、正成の供養塔と考えられているそうだ。
    大阪府南河内郡千早赤阪村千早

公共クラウド(総務省)、【見る,神社仏閣,神社・仏閣等】、CCライセンス 表示 2.1 日本(http://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/)、公共クラウド利用規約(https://www.chiikinogennki.soumu.go.jp/k-cloud-api/code/)