俺の夜行バス

夜行バスの料金比較なら、俺に任せとけ。

  •  
  • 19,006
  •  

俺の 仙台駅前(西口22番)

宮城県仙台市青葉区中央1丁目10

iphone、ipadで大きい地図を見る
その他スマートフォンで大きい地図を見る

宮城のバス停一覧

宮城発の路線一覧

区間 02月 03月
宮城~青森 3,900円 3,900円
宮城~岩手 1,600円 1,600円
宮城~秋田 1,450円 1,450円
宮城~宮城 1,110円 1,110円
宮城~山形 1,130円 1,130円
宮城~福島 2,700円 2,700円
宮城~茨城 4,300円 4,300円
宮城~埼玉 2,500円 2,730円
宮城~千葉 3,000円 3,000円
宮城~東京 2,500円 2,480円
宮城~神奈川 2,640円 3,300円
宮城~新潟 3,560円 3,560円
宮城~富山 7,710円 7,710円
宮城~石川 9,150円
宮城~愛知 3,800円 3,600円
宮城~京都 3,990円 4,170円
宮城~大阪 3,990円 4,170円
宮城~兵庫 5,600円 7,200円
その他の路線はこちら

宮城の観光情報

  • 一迫山王史跡公園あやめ園
    山王史跡公園あやめ園内
    一迫山王史跡公園の一角、300種22万株のアヤメ、カキツバタ、ハナショウブが植栽され、毎年6月中旬から「あやめまつり」が開催されます。
    宮城県栗原市一迫真坂字山王10番地
  • 浅布渓谷
    浅布渓谷
    紅葉時期になると多くのカメラマンが訪れるスポット。問い合わせは、栗原市花山総合支所まで0228-56-2111
    宮城県栗原市花山字本沢浅布
  • 行者滝
    行者滝
    行者滝は、高さ30メートルから流れ落ちる姿が荒らしい男性的は魅力を秘め、年中枯れることがありません。 昔、栗駒山は山岳信仰の山でした。行者(山伏)や参拝する人が登山口にあたるこの滝で未を清めてから、栗駒山の御室にある駒形根神社(駒の神)奥院におまいりしたことから名づけられたものです。
    宮城県栗原市栗駒沼倉
  • 伊豆沼・内沼
    伊豆沼・内沼のハス
    栗原市と登米市にまたがる東北最大の低地湖沼「伊豆沼・内沼」には、夏は沼一面にハスの花が咲き乱れ、遊覧船にのりながら鑑賞することができます。秋の終わりになると遠くシベリアからたくさんの渡り鳥がやってきます。国際的に重要な渡り鳥の生息地を保護する「ラムサール条約」にも登録されたこの沼に飛来する鳥は、なんと8万羽。ガンが飛び立つ羽音は「日本の音風景100選」にも選ばれております。
    宮城県栗原市築館・若柳/登米市迫町
  • 金成温泉 金成延年閣
    金成温泉 金成延年閣
    黄金仏都の栄華を誇った奥州平泉と、遥か京の都を結ぶ文化の街道金成路。金売吉次ゆかりの地にたつ「金成温泉 金成延年閣」。 やわらかな良質の温泉と、栗駒山を望む抜群のロケーションが自慢の日帰り温泉施設です。大浴場には信楽焼陶板で「小迫の延年」が描かれており、サウナや露天風呂も完備されています。また、家族水いらずで楽しめる小浴場もあります。 300名様収容の大広間は落ち着いた純和風のお座敷で、舞台・照明などを備え、お客様の要望に合わせてご利用になれます。
    宮城県栗原市金成三沢32
  • ハイルザーム栗駒 檜露天風呂
    ハイルザーム栗駒では、2種類の露天風呂(岩風呂、檜風呂)を楽しめるほか、温泉水を利用した流水プールもございます。ご宿泊いただいたお客様には四季折々旬の食材をつかったお料理を提供いたします。また、コテージ「ぶなの森」も併設しておりますので、お仲間やご家族でご利用ください。
    宮城県栗原市栗駒沼倉耕英東50-1
  • 有賀の里たかまった
    有賀の里たかまった料理写真
    農家民宿たかまったでは、栗原の郷土食を味わうことができる。その他、農作業体験、そば打ち体験など農家ならではのメニューがたくさんあります。
    宮城県栗原市若柳有賀字峯6
  • あぐりっこ金成
    あぐりっこ金成外観
    新鮮な野菜販売はもちろん、”新鮮直送物産館”あぐりっこ金成では、新鮮な牛乳と、地元ならではの季節の果物や穀物を使って味付けをしたアイスクリームを作り、すぐにその場でお客様に召し上がって頂ける製造直売所です。
    宮城県栗原市金成藤渡戸原田15-1
  • 新湯温泉 くりこま荘露天風呂
    1720年に開湯され、栗駒五湯の中でも「幻の湯」とされてきた秘湯、「新湯温泉」が、くりこま荘によって甦り、「新湯温泉くりこま荘」として再現。源泉は裏掛コース登山口に位置し、昔から参拝登山者の疲れを癒したと知られる秘湯です。ほのかな硫黄の香りを漂わせながら、300年近い時を超え流れるお湯がひときわ体も心にもしみ渡ります。
    宮城県栗原市栗駒沼倉耕英東95-2

公共クラウド(総務省)、【見る,公園・庭園,公園】、CCライセンス 表示 2.1 日本(http://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/)、公共クラウド利用規約(https://www.chiikinogennki.soumu.go.jp/k-cloud-api/code/)