俺の夜行バス

夜行バスの料金比較なら、俺に任せとけ。

  •  
  • 18,897
  •  

俺の 秋田駅西口

秋田県秋田市中通2丁目7

iphone、ipadで大きい地図を見る
その他スマートフォンで大きい地図を見る

秋田のバス停一覧

秋田発の路線一覧

区間 02月 03月
秋田~秋田 6,400円 6,400円
秋田~宮城 1,450円 1,450円
秋田~埼玉 7,000円 7,000円
秋田~東京 4,680円 4,400円
秋田~神奈川 4,680円 5,040円
秋田~奈良 9,500円
その他の路線はこちら

秋田の観光情報

  • 本場大館きりたんぽと曲げわっぱの器
    暑い夏が終わり、実りの秋を迎えると、大館市では収穫したばかりの新米でつくった「きりたんぽ」で一色。きりたんぽと比内鶏のスープで作られた本場の「きりたんぽ鍋」は大館が全国に誇る郷土料理です。【本場大館きりたんぽまつり】は、各店自慢のきりたんぽ料理が一同に会し、「きりたんぽ鍋」や「味噌付けたんぽ」等のきりたんぽ料理を手軽にご賞味いただけるまつりです。コンセプトは、“文化の継承をALL大館で”。大館市で生まれ、育てられ、守られてきた文化を次世代へと繋いでいくため、「本場のきりたんぽ」を切り口にした様々なイベントを展開します。見て食べて体験して楽しめる、秋田県を代表する大きな食のイベントです。
    秋田県大館市上代野字稲荷台1-1大館樹海ドーム及びその周辺
  • 筏隊山神社
    筏隊山神社
    筏隊山神社は、正中2(1325)年に領主小野寺公が創建し、岩手県の仙人峠から御神像をうつしたものであろうと伝えられています。この社は、当時、交通(秀衡街道)の要所にあって、旅の安全とともに疫病退散の守護神でもありました。   江戸後期の国学者で旅行家でもあった菅江真澄が訪れた、文政8(1825)年頃には、「仙人権現」と呼ばれていました。
    秋田県横手市山内筏字伯耆沢72
  • 沼館八幡神社
    沼館八幡神社
    後三年合戦の中心人物である八幡太郎義家(源義家)にちなんで建立された沼館八幡神社。
    秋田県横手市雄物川町沼館字沼館
  • 首塚神社
    征夷大将軍「坂上田村麻呂」が、東夷征討の際に戦死者の首級1千を埋葬したことから首塚と名づけられたといわれています。  社殿には、人頭の形の石が安置され、これを拝むと頭の諸々の病気や学力向上に霊験あらたかな神社として信仰されています。
    秋田県横手市雄物川町今宿字高花
  • 秋田神社
    秋田神社
    戊辰戦争により横手城が焼失した後、明治12年(1879年)秋田藩主佐竹氏を祀って本丸跡に建てられた。その資材には焼け残った横手城の遺構が使われたとされ、社を支える柱には戊辰戦争時の弾痕痕が残る。
    秋田県横手市城山町29-1
  • 田代名産たけのこ
    田代地区の特産品である「たけのこ(根曲がりだけ)」を堪能できるイベント。当日は「生たけのこ」や「たけのこ汁」等が販売されます。ステージイベントや子供向け遊具も設置され、初夏の1日をゆっくり過ごす家族連れで賑わいます。
    秋田県大館市岩瀬字上岩瀬塚の岱田代多目的運動公園
  • 石田ローズガーデン
    1種1本を基本としたサンプルガーデンとして約600種類の様々なバラが植栽されており、多彩なバラを比較的短時間でお楽しみいただけます。「大館バラまつり」期間中はバラにちなんだお菓子の販売や、バラの苗木販売などが行われるほか、特別イベントとして一夜限りで園内をライトアップする「ナイトガーデン」も開催します。会場の石田ローズガーデンは、冬季を除き、バラまつり期間外も見学できます。
    秋田県大館市字三ノ丸10石田ローズガーデン内
  • 横手城跡
    横手城跡
    横手城(朝倉城)は、1550年頃、現在の秋田県南部に勢力を築いた戦国大名小野寺氏によって造られたと伝わる。横手城は前を横手川が流れ、背後は奥羽山脈へとつながる山々によって護られる、天然の要害に建てられた平山城である。城を取り巻く急斜面には石垣を築く代わりに韮を植え、土くずれを防止するとともに、敵の足元を滑らせて這い登ることができないように工夫されており、別名を韮城ともいう。 慶長6年(1601年)、城主小野寺義道は関ヶ原の戦いで西軍についたとみなされて所領没収、石見国(島根県)へ流された。翌7年、水戸から秋田へ国替えになった佐竹義宣は、本城である秋田久保田城の支城として横手城を位置づけ、城代を配した。初代城代には伊達盛重(政宗の叔父)が任命され、続いて須田氏、戸村氏へと明治に至るまで代々城を護り継いだ。しかし、慶応4年(1868年)戊辰戦争で新政府側についた秋田藩は近隣諸藩の侵攻を受け、横手城も庄内藩や仙台藩の大軍に攻められ炎上、8月11日ついに落城した。 明治12年(1879年)かつての本丸跡には、藩主佐竹氏を祀る秋田神社が、二の丸跡には昭和40年(1965年)天守閣型展望台が建てられ、市民からお城山と呼ばれ親しまれている。
    秋田県横手市公園地内
  • 横手公園
    慶応4年(1868)戊辰の役で、砲火によって城は炎上し、明治元年8月11日の夕暮、ついに本丸、二の丸とも落城し、城士21名は壮烈な討死をとげました。 現在は、横手城二の丸跡に三層の天守閣様式の展望台が立ち、内部は郷土資料館となっています。横手盆地が一望のもとに眺められ、とくに鳥海山の姿はすばらしいです。 本丸跡には秋田神社、城址南東の一角に本多上野介正純の墓碑があり、北側には平和観音像、さらに横手バラ園、赤土広場などがあり、「お城山」として親しまれ、市民憩いの場となっております。
    秋田県横手市城山町
  • 保呂羽山波宇志別神社神楽殿
    波宇志別神社神楽殿は、本殿のある保呂羽山の東方4kmの位置にあります。太い円柱・舟肘木などの形式から室町時代後期の建築とされ、母屋の前後に庇を延ばす両流造りは東北唯一の貴重な建築物です。
    秋田県横手市大森町八沢木字宮脇106番地

公共クラウド(総務省)、【イベント,祭事,行事・祭事】、CCライセンス 表示 2.1 日本(http://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/)、公共クラウド利用規約(https://www.chiikinogennki.soumu.go.jp/k-cloud-api/code/)