俺の夜行バス

夜行バスの料金比較なら、俺に任せとけ。

  •  
  • 19,006
  •  

俺の JR大宮駅 東口 9番バス停

埼玉県さいたま市大宮区大門町1丁目

iphone、ipadで大きい地図を見る
その他スマートフォンで大きい地図を見る

埼玉のバス停一覧

埼玉発の路線一覧

区間 02月 03月
埼玉~福島 2,000円 2,000円
埼玉~群馬 2,000円 2,000円
埼玉~埼玉 2,400円 3,200円
埼玉~千葉 2,800円 2,800円
埼玉~東京 1,030円 1,030円
埼玉~神奈川 1,800円 1,800円
埼玉~富山 4,100円 4,400円
埼玉~石川 4,100円 4,400円
埼玉~山梨 1,850円 1,850円
埼玉~愛知 2,300円 2,200円
埼玉~三重 4,700円 4,700円
埼玉~滋賀 4,800円 3,400円
埼玉~京都 3,600円 3,400円
埼玉~大阪 3,600円 3,400円
埼玉~兵庫 5,900円 3,400円
埼玉~和歌山 7,200円 7,200円
その他の路線はこちら

埼玉の観光情報

  • 第31回久喜市菖蒲産業祭1
    毎年11月3日 文化の日には、久喜市菖蒲地区にある、あやめ公園において、「久喜市菖蒲産業祭」が開催されます。 友好交流都市の青森県野辺地町による活ほたて販売や長野県青木村によるリンゴやジャム、あきんど市や特価市、模擬店、農産物の直売など、新鮮でおいしいものが勢ぞろいします。 毎年定着しているこのお祭り。市内外から多くのお客様で賑わっています。
    埼玉県久喜市菖蒲町新堀550
  • 久喜市民まつり
    久喜市民まつり
    毎年10月の第3日曜日に久喜駅周辺で市民まつりが行われます。市民パレード、特設ステージ公演、キャラクターショー、子ども芸能発表会など、市民の皆様がお楽しみ頂けるイベントが盛り沢山です。
    埼玉県久喜市
  • 土師祭(千貫みこし)
    関東でも最大級の神輿である鷲宮神社の千貫神輿。担ぎ手の玄人達が見せる大迫力な渡御が大人気です。近年では、人気漫画「らき☆すた」の舞台となったことから、様々な新しい企画も催されています。
    埼玉県久喜市鷲宮1丁目6-1
  • 菖蒲総合支所前 ラベンダー苑の様子
    久喜市菖蒲地区では、菖蒲総合支所周辺において、あやめ・ラベンダーのブルーフェスティバルを6月上旬から6月下旬まで開催しています。メイン会場である久喜市菖蒲総合支所前には、約8000株のラベンダーが広がります。5月下旬頃からラベンダー花壇の一部、ラベンダー苑が咲き始め、中旬になると、菖蒲城趾あやめ園の花しょうぶ、ラベンダー通り、ラベンダー花壇の遅咲きの品種、ラベンダー山が満開になります。 支所前では、貸し自転車、特産品販売、ラベンダー苗・切花販売などがあり、ラベンダーグッズや農産物などお土産物をお買い求めいただけます。 土日には、押し花教室やポプリ教室などお客様が気楽に参加できるイベントがあり、毎年多くの方に参加していただいております。菖蒲城趾あやめ園には、6月上旬から中旬にかけて色とりどりの花しょうぶ(50品種:16
    埼玉県久喜市菖蒲町新堀38
  • 鷲宮の八坂祭
    鷲宮地区の夏の例祭である八坂祭「天王様」は、疾病や自然災害が起こりやすい夏を迎えるにあたり、厄病神とされる牛頭大王を鎮めるために行われる祭りです。毎年7月第4日曜日の夕刻から、提灯で飾られた5台の山車の引き回しが行われ、笛や太鼓、かねといったお囃子が賑やかに鳴り響き、暑い夏の宵を彩ります。
    埼玉県久喜市鷲宮1丁目6-1
  • 城峯公園
    城峯公園
    城峯公園では4月下旬〜5月上旬にかけて八重桜やヤマツツジなでおの花が咲きます。また、10月下旬〜12月上旬かけて咲く冬桜が見ごろを迎えます。深紅に紅葉したモミジと冬桜の淡いピンクの花が幻想的な雰囲気を醸し出しています。日暮れからはライトアップも行っています。城峯公園内にはキャンプ場もあり、4月〜10月の間宿泊ができます。家族連れから林間学校まで誰でも気軽に楽しめるキャンプ場です。
    埼玉県児玉郡神川町矢納1277
  • 菖蒲グリーンセンター 
    久喜市菖蒲町にある農産物直売所で、年間50万人近くの方が訪れています。ここでは特産のいちごを11月中旬から5月下旬まで販売しています。久喜市菖蒲町はいちごの生産量が県内有数を誇る産地です。1月上旬からは、いちご狩りも楽しめる体験型観光スポットとなっています。ご家族やお友達とぜひお出かけください。  また、夏から秋にかけては久喜市菖蒲町特産の梨を買い求めるお客様で連日賑わいをみせます。幸水・彩玉・豊水・あきづき・にっこり・新高・新興などが8月上旬から10月下旬まで販売されます。  敷地内には、農協食堂もあり、埼玉県産「あやひかり」を使用した手打ちうどんをはじめ、地元産や信州青木村産の石臼挽きのそば粉を用いたのどごし豊かなそばをご賞味ください。新鮮な農産物をたくさん取り揃えて、皆様のご来店をお待ちいたしております。
    埼玉県久喜市菖蒲町小林231
  • 下久保ダム
    登仙橋バス停から城峯公園を経て湖岸をめぐり登仙橋バス停に戻る家族向きの周遊コースです。登仙橋バス停から鳥羽川に沿ってしばらく進むと、夏のキャンプ、冬桜やツツジの名所として親しまれている城峯公園につきます。ここからは下りとなり、道端に咲くカタクリや山草を楽しみながら歩き、冬桜の宿を過ぎると神流湖が見えてきます。湖岸の小道を歩くとダムサイトに続き国の名勝天然記念物に指定されている三波石峡を眼下に望みながら群馬県側を神流川に沿って下流に進むと出発点の登仙橋に戻れます。
    埼玉県児玉郡神川町
  • 菖蒲城趾あやめ園の花しょうぶ
    菖蒲城は康正2年(1456年)古河公方足利成氏の家臣、金田式部則綱が築いたと伝えられています。城の完成した日が5月5日の菖蒲の節句だったので、その名がついたとも言われています。現在は菖蒲城趾あやめ園として整備され、6月上旬から中旬にかけて色とりどりの花しょうぶ(50品種:16,000株)が咲き揃います。園内にはあずま屋やベンチ、木道があり散策に便利です。 あやめ園の門を入ってすぐの畑。ここは毎年鮮やかに花が咲き誇る場所です。ここをぐるりと一周できるようにしました。いろいろな角度で、より近くで花を見ることができるようになります。 また、これまで以上にきめ細やかに花しょうぶと向き合っています。 今年の菖蒲城趾あやめ園、ぜひご期待ください。
    埼玉県久喜市菖蒲町新堀
  • 菖蒲神社のフジ
    菖蒲神社の藤
     根回り9.0メートル、幹回り各1.5メートル、フジ棚面積238平方メートル。野田フジという園芸種で、300年を越す樹齢と考えられています。フジの下にあった池を埋めて棚を作ったところ、急に勢いが盛んになり、1.8メートルにも達する長さの花房を付けるようになったといわれています。おりしも大正2年のことで、大正天皇の即位にちなんで「君万歳のフジ」と名付けられました。現在、勢いはやや衰えていますが、毎年ゴールデンウィークの頃にはみごとな花を咲かせています。
    埼玉県久喜市菖蒲町菖蒲

公共クラウド(総務省)、【イベント,祭事,行事・祭事】、CCライセンス 表示 2.1 日本(http://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/)、公共クラウド利用規約(https://www.chiikinogennki.soumu.go.jp/k-cloud-api/code/)